アクティブなブログ

アクティブなこと書いてきます

コンビニ人間の感想(ちょっとネタバレ有)

村田沙耶香さんのコンビニ人間を読みました。

 

率直な感想。この本のジャンルはホラーだな。

僕はこの本を読んで、主人公に恐怖を感じました。

たまにいる何考えているか理解できない人の強力バージョンです。

 

読む前僕は「自分の生きがいはコンビニで働くこと。と思って日々を過ごしている悲しい女が、コンビニ内で様々な人との出会いを通じて、悲しい日々から抜け出し幸せになっていく」話だと勝手に思ってました。

が!実際はそんな甘っちょろいものではなく、人間の嫌な部分をまざまざと見せつけてくれるお話でした

 

この本に出てくる登場人物ってみんな物事をはっきり言うんですよね。

みんなが「がさつ」なんです。千原兄弟のお兄ちゃんがいっぱいでてきます。

そんなもんだから主人公を面白がって(気味悪がって)はっきりとバカにしてくるんです。言わなくても良い言葉をペラペラとまーみんな言うんですわ。

 

主人公が18年間働き続けたコンビニで、仕事仲間だった人間が終盤では主人公を小馬鹿にして、頻繁に面白半分で超プライベートな質問をしたり飲み会に誘うシーンは、読んでて非常に嫌な気持ちになりました。

単純にいじめですよね。1人くらいそういう事聞いてくる人がいても良いと思うけど、みんなでよってたかってだと、誰がどう見てもいじめですやんそれ。

それに変な中年女×変な中年男の同棲話なんて全然聞きたいと思いません!!

そんな話を根掘り葉掘り聞こうとしてる奴らも、よっぽど変で気持ち悪いなと僕は思います。

 

ペラペラ喋るのは主人公の周りだけじゃなくて、主人公自体もそうなんです。

 

学生時代友達がほぼいなく、卒業してからもコンビニぐらいでしか人とコミュニケーションとっていないのに、すごく饒舌に喋るんです。

それがなんか薄気味悪いんです。何を言われてもへこたれることなく、納得するところがまた拍車をかけてるんですね。人間ぽさが全くないんです。

最後のコンビニ人間として生きる決意をしたシーンは、完全に人ではなかったです。

 

変な人がいっぱい出てきて読むのがしんどい本なのですが、実際は世の中そういう人が多くいるのかなと考えさせられます。

自分は特に嫌いな人、気に入らない人、変な人には堂々と距離をとるタイプなのですが、世の中自分が知らないだけで、深く知るとこの本の主人公のように、ものすごく嫌悪感を感じる人物がいるんだろうなと思う。

ニュースに出てくる犯罪者なんか正にそうですよね。

あと電車の中でもよく変な人を見るし、自分で付き合う人を限定しなければ、思いもよらぬ胸糞悪くなるような人にいっぱい出会えるかもしれませんね。

 

けど自分は絶対出会いたくないです!本も胸糞悪くなるものはもう読みたくありません。

人間も本も、体が震えるくらいドキドキして「おもしれぇぇぇ~」と思える出会いがしたいです。